平安堂を応援しよう!

久しぶりに佐久の平安堂書店に行きました。ふだんはアマゾンを利用するのですが、実用書は実際に中身を見たかったためです。以前は軽井沢にもあったのですが、あえなく閉店。軽井沢には一店も書店が存在しないことになりました。佐久までは車で30分かかるので、別件のついでで行きました。

しかしもって、品揃えに感動。通販書店みたいな何でもある状態ではないのですが、見たい本以外にも気になる本がたくさんあり、けっこう時間を使ってしまいました。

結論から言うと「街の本屋はできる限り使って、守らねばならない」と言うことです。アマゾンにしたって軽井沢では最速でも翌日にしか配送されません。それが、当日今この瞬間に手に入る。そして特定の本のみに限らず、関連する書籍も同じ棚を見回すだけで触れることができる。如何にネットが便利になっても、実物がそこにある本屋さんには勝てません。

しかしながらご存知のように街の書店はアマゾンなどに押されて、消えゆく一方です。たしかにほぼ送料無料で自宅まで届けてくれるサービスには単純な手間暇では勝てません。しかし、人気の本はすぐに買い占められて、マーケットプレースで高額出品など、ネット独特の問題は増大する一方です。欲しい本を予約しておけば確実に定価で手に入る本屋さん。今こんなことさえもが、守らないと失われていくのが現実です。

平安堂も現状経営再建の途上にあります。アマゾンだけでなく、コンビニも本の通販を始めており、端的に言って勝ち目はありません。ただ、手間を惜しまずに実在の本屋に足繁く通うことで、大げさに言えば文化・文明への入り口を、自分の街に確保することができます。

平安堂をお勧めする理由がもう一点。ブルーカードというポイントカードが使えます。よくあるサービスですが、子育てパスポートで2倍から、キャンペーンによってはe-hon予約で7倍まで、ポイントがさくさくたまります。実際、私のように利用頻度の少なかった人間でも、こないだ500円分のギフト券が届きました。浮いたお金で宝くじを買って(佐久店では宝くじも扱っています)、見事に紙くずになりましたが…。

先日のネットがない1日に続き、もうひとつネットだけに頼らない生活の重要性を感じました。これからはアマゾンだけに頼らず、街の本屋を積極的に活用していく所存です。