トリチウムに関する珍問答

三重水素「トリチウム」を含む福島第一原発からの汚染水に関して、これまで東電はその全てを保管していましたが、ええかげんキリがなくなったようで海に流したいと言い始めたようです。自称科学者の方が「トリチウムは規定濃度以下まで希釈すれば安全なのは科学者なら常識」とかおっしゃってますが、これはどうなのでしょう。

確かにトリチウムは自然界中にも含まれています。ではでは、どうやって希釈するのでしょう?水道水にも微量ながら含まれているということは、水道水レベルまで希釈することは不可能です。そもそも巨大なタンクが立ち並ぶ福島第一原発周辺にタンクで貯蔵してある汚染水をぜんぶ規定濃度まで希釈するには、「汚染されていない、いわゆるきれいな水」がどんだけ必要なのでしょうか?

とか考えると、放出派が考えていることは「希釈するつもりはもともとなくて、はなから海に流してしまえば自然と希釈されて何とかなるだろう」ということです。漁業関係者が心配していますが、それもその通り、世界のいくつかの事例で魚などに数千倍に濃縮されていた事例がすでにあります。またトリチウムが現在の基準濃度で本当に安全なのかは、いまなお議論されているところです。魚が原因ではありませんが、トリチウムの濃縮していた施設において、取り扱いに起因する死亡事故も起きています。

微量だろうが、半減期が短かろうが、トリチウムは決して安全な物質ではありません。自称科学者だの何ちゃらの権威とかいう人間の確信ぶった言動には注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です